お湯も使える

水面

紅茶も飲める

ウォーターサーバーを利用する際には、水だけでなく、お湯も利用することが出来ます。
お湯の温度は基本的に調節出来ない場合が多いのですが、最低でも80度以上に設定しているウォーターサーバーがほとんどなので、電気ポットの代わりとして十分に活用することが出来ます。
水を飲むだけでなく、カップラーメンを作る場合にも使える上に、紅茶なども飲むことができるため、日常的にお湯を使う場合は非常に便利な機能です。
水もお湯も同時に準備することができるため電気代が多くかかると思っている人が多いですが、実際には電気ポットでお湯を作っておくよりも電気代はかかりません。
今はほとんどのウォーターサーバーにお湯を作る機能がついているため、電気ポットを利用している人は、ウォーターサーバーに乗り換えて電気代を節約することも検討してみるといいでしょう。

節約のために

電気代を節約するためには、ウォーターサーバーの機能について詳しく確認しておくことも重要です。
実は、ウォーターサーバーの中には、お湯を作る機能だけオフにすることが出来るものもあるのです。
もちろん、お湯を作らない分電気も使わなくなるため、電気代を節約することが出来るようになります。
こういった機能があるかどうかは、ウォーターサーバーのレンタルを行なっている専門業者に聞けば簡単に確認することが出来ます。
ウォーターサーバーの電源スイッチは裏側にあるのですが、お湯のスイッチもその周辺にあることが多いため、もうすでにウォーターサーバーを自宅に導入している人も一度確認してみましょう。