他の料金も比較

水とコップ

水の料金

電気代だけでなく、水の料金も考慮してウォーターサーバーのレンタル業者を選ぶ必要があることも知っておいたほうがいいでしょう。
水の料金は専門業者によって違います。また、一ヶ月の間で一定数以上注文すると割引になる専門業者もあるため、自分たちが飲むであろう水の量を把握しておく必要もあります。
ほとんどのウォーターサーバーは一本あたり12リットルのボトルを使用するのですが、中には一本あたりの値段が安い代わりに入っている量が少ない場合もあるため、そういった点にも注意しておきましょう。

サーバーレンタル料金

ウォーターサーバーを利用するには、水の料金や電気代以外にも、サーバーのレンタル料金が発生する場合もあります。
月々数百円程度のものが多く、それほど料金が高くないのですが、レンタル料金が無料の場合もあるので、電気代の節約分をムダにしないためにも無料の業者を選ぶようにしましょう。
ただし、レンタル料金が無料のウォーターサーバーの中には、古い機材であるために電気代が高い場合もあります。
こういったウォーターサーバーの場合はレンタル料金を電気代が超過してしまう場合もあるため、レンタル料金が無料だからといってお得とは限りません。
そのため、総合的に判断して後悔しないウォーターサーバー選びが出来るようにするべきなのです。
ウォーターサーバーのレンタルを行なっている専門業者のホームページを確認すれば、電気代やレンタル料金を確認できるため、インターネットを活用して調べておきましょう。